フォトエッセイ

  1. タンポポ

    タンポポ

    自分がどんな境遇に陥ったって言い訳はしない。ただただ命の炎を燃やして、力の限り生き抜くだけ。コンクリートの地面で強靭に咲き誇るタンポポを見つける…

  2. ノラ・ジャーニー

    ノラ・ジャーニー

    髪をクルクルクルクル巻いているところがなんとも愉快で、鏡越しに1枚撮ってみた。このところ、ずっとパーマをかけている。もともとくせっ毛で、…

  3. 猫

    ドアの向こうをじっと覗きこむ猫。誰かが開けてくれるのを待っているのだろうか。なんとも哀愁漂うお背中である。僕たちの人生もひたすら動き回る…

  4. アークヒルズの桜

    アークヒルズの桜

    見慣れた都会の街並みも、桜が一斉に咲き出すと景色が一変する。命の炎を燃え上がらせ、満開の花を咲かせる桜たち。夜になれば、スポットライトが花々を夢…

  5. 看板犬

    看板犬

    赤塚公園の近くで出会った看板犬。大人しくてかわいいお店の人気者。また会いに行きたいなー。カメラ:Rolleiflex 2.8F…

  6. ブルーボトルコーヒー

    ブルーボトルコーヒー

    清澄白河の噂のブルーボトルコーヒー。帰り道、深くておいしいコーヒーの味がしばらく口の中で続いている。カメラ:Rolleiflex 2.8F…

  7. 多摩川どんど焼き

    多摩川どんど焼き

    豪快な炎。ぱちぱち轟く音。そして、きれいに円を描く人々の輪。黄昏時にはじまった愉快な儀式にしばらく見とれていた。カメラ:Rollei…

  8. 「遠くへ行く」だけが旅じゃない

    「遠くへ行く」だけが旅じゃない

    日常に退屈しちゃうと、人はどこか遠くへ旅に出たくなる。遠くへ行けば新しいものとの出会いがあり、大きな発見があるはずと期待する。確かにそうなん…

  9. ひらめきは突然現れる一本の抜け道

    ひらめきは突然現れる一本の抜け道

    ひらめきは突然やってくる。深い深い表現の森の中に入っていくと、やがて自分がどこにいるのかわからなくなってしまうことがある。表現したい核心がすぐ近…

  10. 一年のはじまりは祈りとイメージから

    一年のはじまりは祈りとイメージから

    一年のはじまり。みんな初詣は行ったかな。僕はまず地元のお寺にお参りして、次に最初の撮影地の近くの神社にお参りする。一年の感謝と新年の平安…

PAGE TOP