Blog

  1. うたたね

    写真集について考える

    写真集とはなんだろうか。ウィキペディアでは次のように綴られている。写真集(しゃしんしゅう)とは、数十から数百の写真を、あるコンセプトによって…

  2. 本間喜市さんの作品

    シベリア抑留を知る

    小さい選択を何度も重ねると、いつの間にか大きな分岐点を越えてしまっていることがある。集団的自衛権の行使容認が閣議決定されたことで、僕たちの国は戦争への小さな…

  3. Photo+Nico2014

    「Photo+Nico2014」を終えて

    フォトニコでの展示を終えてから随分時間が経ってしまったが、ようやくブログのリニューアルを一通り終えたので感想を綴ってみよう。まずは、作品…

  4. motion

    『motion』

    水族館でぼっーとクラゲを眺めているうちにインスピレーションを得て制作した作品。毎日慌ただしく生きる僕たち。電車の時刻に追われ、仕事の締切に追…

  5. 光の精が笑っている

    『光の精が笑っている』

    写真(photograph =光+画)の根源である光。その光を追い求めていったとき、偶然出会う不思議な光のいたずらのことを、”光の精が笑っている”と…

  6. 光の精が笑っている

    「光の精が笑っている」を終えて

    皆さまのおかげで、無事初個展を終えることができました。お忙しい中SPACE K 代官山に駆けつけてくださった方々、本当にありがとうございました!…

  7. SPACE K 代官山でのトークショー

    SPACE K 代官山でのトークショーに行って

    5月5日、6日とSPACE K 代官山で行われたトークショーに行ってきた。水本俊也さんをMCに、東日本大震災の復興支援活動をされている写真家の方々の…

  8. マリンタワーでの展示を終えて

    マリンタワーでの展示を終えて

    御苗場から思いがけない幸運で、横浜マリンタワーに僕の作品を飾っていただくことになり、とても幸せな一週間だった。今回は御苗場の時と違って、アート表…

  9. 沿道の声援

    沿道の声援

    たとえ母校のチームじゃなくても、温かい声援を送り、最下位を走る選手を励ます人たちが沿道に大勢いる。そういう光景を目にすると、心がふっと救われる。…

  10. 太陽に見惚れる人々

    太陽に見惚れる人々

    房総半島の山から神々しく顔を出す初日の出。みんなその清らかな輝きにぼーっと見惚れてしまう。2014年が動き出した。さて、それぞれの人にど…

PAGE TOP