Blog

  1. 多摩川

    30になりました

    ついに僕も30代に突入しました。早いものです。もがき苦しんだ20代で何とか見えてきた光。自分がこの世界に存在している意味。自分がこの…

  2. 東京アートブックフェアのダミーブックアワードが熱い!

    9月16日から19日まで北青山の京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパスで行われた「THE TOKYO ART BOOK FAIR 2016」…

  3. 風景写真の新境地を探る写真家たち

    写真において、「風景・ランドスケープ」という分野は、「ポートレート」と同じくらい伝統的で人気の高いジャンルのひとつでしょう。そのため、美しい風景写真…

  4. 48歳で写真をはじめ、1年半で博物館にコレクションされた写真家・ジュリア・マーガレット・キャメロン

    「ジュリア・マーガレット・キャメロン展(2016年7月2日〜9月19日)」を観に、三菱一号館美術館に行ってきました。48歳で目覚めた才能キャメロンは、1…

  5. 戸山公園箱根山

    戸山公園箱根山

    多くの人で賑わう副都心・新宿も、緑豊かな戸山公園の箱根山から眺めると、なんだか違って見える。ちっぽけというか、哀愁漂うというか。ちなみに、桜…

  6. タンポポ

    タンポポ

    自分がどんな境遇に陥ったって言い訳はしない。ただただ命の炎を燃やして、力の限り生き抜くだけ。コンクリートの地面で強靭に咲き誇るタンポポを見つける…

  7. ノラ・ジャーニー

    ノラ・ジャーニー

    髪をクルクルクルクル巻いているところがなんとも愉快で、鏡越しに1枚撮ってみた。このところ、ずっとパーマをかけている。もともとくせっ毛で、…

  8. 猫

    ドアの向こうをじっと覗きこむ猫。誰かが開けてくれるのを待っているのだろうか。なんとも哀愁漂うお背中である。僕たちの人生もひたすら動き回る…

  9. アークヒルズの桜

    アークヒルズの桜

    見慣れた都会の街並みも、桜が一斉に咲き出すと景色が一変する。命の炎を燃え上がらせ、満開の花を咲かせる桜たち。夜になれば、スポットライトが花々を夢…

  10. 看板犬

    看板犬

    赤塚公園の近くで出会った看板犬。大人しくてかわいいお店の人気者。また会いに行きたいなー。カメラ:Rolleiflex 2.8F…

PAGE TOP