過去の記事一覧

  1. 桜と菜の花

    note

    桜と菜の花

    菜の花が一面に咲き誇る小高い丘に、ひときわ立派な山桜が鎮座していた。圧倒的な存在感に、思わずため息が出てしまう。今年もこの桜が見れてよか…

  2. あの世とこの世の狭間

    note

    あの世とこの世の狭間

    僕は飛行機が好きだ。窓から天空を眺めていると、たまにこの世のものとは思えない風景に出会うことがある。ある春の早朝、九州上空を飛んでいたときの…

  3. 桜と桜丘高校

    note

    桜と桜丘高校

    桜と学校はお似合いだ。とりわけ、僕の母校には桜はなくてはならない存在。なんといったって、名前が「桜丘高校(さくらがおかこうこう)」。桜並…

  4. 桜とボート

    note

    桜とボート

    井の頭公園のボートに乗ったカップルは別れる。そんな迷信がある。それは、誰か幸せなカップルがこの池を二人だけの世界にしておきたくて、ぱあっ…

  5. 桜と茶畑

    note

    桜と茶畑

    茶畑に春がやって来た。秋から栄養をぐんぐん貯め、厳しい冬を乗り越えた茶の木たち。そんな生き生きしたエネルギーが畑中にあふれている。それに…

  6. 桜と蒸気機関車

    note

    桜と蒸気機関車

    のどかな茶畑でぼーっと蒸気機関車を待った。川のせせらぎ、ウグイスのさえずり、鉄ちゃんたちの談笑。のんびりしたBGMにまどろみかけていた頃、ついに…

  7. 亀さんたちのお花見

    note

    亀さんたちのお花見

    池にぽつんと浮かぶ小島。そこは亀さんたち専用のお花見席。もしもし亀よ、亀さんよ。そこはどんな景色かい。キモーいと叫ぶ子がいるけど、まった…

  8. 海のロマン

    note

    海のロマン

    大きな船がやってくると、桟橋に人々が集まる。陽気な海の冒険にあこがれて。ピカピカの白い船体 ブルーの海に漂わせ、真っ赤な煙突からプカプカ…

  9. ライフワークへの翼

    note

    ライフワークへの翼

    震災から2年。人間なんていつ死んでしまうかわからない。そう深く心に刻み、いろいろな縛りから解き放ち、自分らしく生きようと決めた。その…

  10. 美しい習わし

    note

    美しい習わし

    日本人でよかったなあと思うことのひとつに、おせち料理がある。年の初めに、家族や親しい人で集い、談笑しながら、華やかな料理をいただく。一品一品…

recommend

  1. 9th EMON AWARD
PAGE TOP