写真論

Kiiroさんのトークイベントに行って

Kiiroさんのトークイベントに行って

昨日は自由が丘スタジオで行われたKiiroさんのトークイベントに参加してきた。
少人数の集いで、質疑応答の時間も多く設けられ密な時間を過ごすことができた。

前半は昨年11月に行われたパリフォトの様子や、Kiiroさんの作品が出展されたfotofeverの様子について、写真や動画を交えて披露された。
それにしても、御苗場での展示からルーブル美術館での展示まで大きく羽ばたいたKiiroさん。すごい。

後半では、質疑応答も交えながらKiiroさんの作品制作のスタンスや現代美術の文脈についての解釈が披露された。
特に面白かったのは、オマージュに関する解釈。
人間を引きつける構図やバランスは何百年経っても変わらない。
だから、過去の偉人の発見をリスペクトしつつ、そこに今を生きる作家の時代背景を反映させるところにオマージュの面白さがある。
なるほどなあ。スライドの写真がすごくわかりやすかった。

そして昨年のPhoto+Nicoで買い逃したKiiroさんの作品を特別に売っていただき、手に入れることができた。
この作品はKiiroさんが愛情深く育てたコスモスが冬になっても長生きし、死んでしまってからもコスモスとの楽しかった時間を忘れられずにその想いを昇華させた作品。
飾るのが楽しみだなあ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP