出展余談

フォトニコ2015を終えて

フォトニコ2015

グループ展「Photonico(フォトニコ) 2015」終了しました。
お越しいただいたみなさま、どうもありがとうございました。
今回は全4日間、開館から閉館まで在廊し、大きな収穫を得ることができました。

なんと大変嬉しいことに、作品は4点とも落札していただくことができました。
ご購入いただいたみなさま、本当にどうもありがとうございます。
また、残念ながらご入札していただいたのにも関わらず、落札できなかったみなさま、誠に申し訳ございませんでした。

そして、インターアート7の小林さんからも注目の作品にピックアップしていただきました。
今回の作品は新しい技法に挑んだので、どのような評価をいただけるかわからなかったのですが、小林さんやPHaTPHOTOの藤田さんに評価していただき本当にに嬉しいです。

今回の「Mother」という作品は、当初は特にシリーズ化するつもりはなく、ずっと心に引っかかっていたものをアウトプットしたくていろいろ表現方法を模索しながら挑んだ作品でした。
ですが、目利きのプロからも評価していただくことができたので、この「Mother」をシリーズ化し、ギャラリーの方に助言をいただきながら長期的に制作を進行させ、将来的には海外でも販売していきたいと思うようになりました。
進捗はまた、ブログで告知していきます。

そして最後に、フォトニコ運営にご尽力された主催者、スタッフのみなさま、素敵な場を本当にどうもありがとうございました。
搬出が一番遅れていた僕を助けてくださった出展者のみなさま、どうもありがとうございました。
職場のみなさま、長期間お休みをいただいたうえ、貴重な休日に時間を使って観に来てくださって本当にありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP